特集記事

日本ホテル協会 第5回社会的貢献会長表彰 優秀賞

地域のために、地域とともに
「有難き、ホテル。」が展開するSDGs

SHIROYAMA HOTEL kagoshima
城山は、今も昔も鹿児島の人々の憩いの森。郷土の英雄、西郷隆盛の終焉の地としても大切にされている。その城山にホテルの建設計画がもちあがったとき、反対の声は大きかった。SHIROYAMA HOTEL kagoshima(以下、SHIROYAMA HOTEL)には、そうした試練と誠実に向き合い、地元に受け入れられてきた歴史がある。

記事を読む→
日本ホテル協会 第5回社会的貢献会長表彰 優秀賞

お客様とともに取り組む
「気づけばSDGs」

ホテルニューオータニ
都心にありながら、2万坪の敷地に日本庭園をも有するホテルニューオータニ。家族団らんから国際会議まで、毎日、国内外からさまざまなゲストを迎えている。今回は、環境問題に独自の視点で取り組む「気づけばSDGs」活動が注目され、栄誉を得た。子どもたちの食育体験イベントやシェフによる実演ライブ配信など、ホテル側の取り組みを広く発信し、お客様とともに取り組む姿勢が高く評価されたのだ。

記事を読む→
日本ホテル協会 第5回社会的貢献会長表彰 優秀賞

美術館のようなホテル
アートを通じて「共通価値の創造」へ

パークホテル東京
東京都港区にあるパークホテル東京では、2020年に「SDGs宣言」を発表。「パートナーシップ/コミュニティ」「働きやすい職場づくり」「環境への取り組み」「健康と安全」の4つの重点テーマに基づき、さまざまな施策を進めてきた。

記事を読む→
日本ホテル協会 第5回社会的貢献会長表彰 優秀賞

ユニークなユニフォームが見せる
誰もが輝くジェンダーレスな未来

メズム東京、オートグラフ コレクション
メズマライジング(mesmerizing=魔法をかけるように、人々を魅了する)という言葉をホテル名の由縁とするメズム東京、オートグラフ コレクション。今回、優秀賞に輝いた理由は、五感を刺激するスタイリッシュな空間で、イキイキと働くスタッフのユニフォーム(制服)にある。

記事を読む→
日本ホテル協会 第5回社会的貢献会長表彰 優秀賞

フルーツパークは「復興の象徴」
東北の活性化と観光の推進力に

ホテルメトロポリタン仙台
仙台市東部の海浜地帯。若林区荒浜の地に、年間を通して果物狩りが楽しめる人気の大型観光果樹園が広がっている。運営するのは、JR東日本傘下の仙台ターミナルビル株式会社(以下、仙台ターミナルビル)。ホテルメトロポリタン仙台の運営母体でもある。

記事を読む→
日本ホテル協会 第5回社会的貢献会長表彰 優秀賞

お客様の声、従業員の声から実現した
誰もが安心して使えるトイレへの配慮

リーガロイヤルホテル(大阪)
大阪を代表するシティホテルのひとつであるリーガロイヤルホテル。創業より89年にわたり、宿泊、宴席、婚礼、レストラン&バーなど、さまざまなシーンでお客様を迎えてきた、伝統と格式を誇るホテルである。

記事を読む→
EXPO2025を契機に拓く インバウンド拡大への道 〜関西を起点に全国への誘客を〜

大阪・関西万博で加速する
観光立国へのプロモーション
〜ホテルに期待する観光ポータル
サイトの活用〜

2025年4月に始まる「大阪・関西万博」に照準を合わせ、万博を訪れる観光客を関西圏以外の地域まで誘うための取り組みが始まっている。メインとなるターゲットは、万博開催期間中に350万人の来場を見込むインバウンド旅行客だ。鍵となる観光ポータルサイト事業に歩調を合わせ、ホテルにできることはあるか。万博の全体像とともにお伝えする。

記事を読む→
EXPO2025を契機に拓く インバウンド拡大への道 〜関西を起点に全国への誘客を〜

Talk Session
大阪・関西万博を
観光ビジネス拡大のスプリングボードに

なぜ今、大阪・関西なのか。半世紀前の大阪万博とは異なる未来展望に大きな意義を認めてビジネス拡大へと動き始めた大阪・関西エリアの観光業界。その陣頭指揮に立つ溝畑宏・大阪観光局理事長をゲストに迎え、日本ホテル協会副会長の蔭山秀一氏(ロイヤルホテル取締役会長)が本音で語り合う。

記事を読む→